生活保護賃貸

生活保護中に入院した場合の対処方法を教えます

生活保護を受給していると家賃や生活費用を受け取ることができます。また入院中でも生活費用は受給する事は可能ですが保険の適応の範囲内のみとなっています。そのため癌などで特殊な治療を受ける場合は自己負担になる場合があります。
そのため入院する際には、生活保護の基礎知識を頭に入れておくだけでも、今後の生活が変わってきます。これからそんな入院した際の対処方法を紹介したいと思います。

生活保護中の入院費用

生活保護中の入院費用は、保険適用の範囲内であれば費用を受給する事ができます。生活保護を受給していない人は、保険とは別に3割負担しなくてはいけませんが受給している方は入院費が全額支給されます。

また入院や通院する病院は役所が指定した場所でなければいけなく、入院の期間が一ヶ月を超える場合は「入院患者日用品費」に切り替わり費用を受給する事ができます。入院する事によって光熱費などが必要にならないので生活費は通常よりも低いです。

入院中の家賃

生活保護を受給中の人が入院した場合で賃貸物件を借りている場合は6ヶ月分までは費用を受給する事が可能です。
また追加で3ヶ月入院が必要で、その期間内で必ず退院できる場合は住居費用を出してもらえます。

それ以上になった場合は住家を引き払う必要があり、残った荷物は保管場所に移動する必要があります。家の物を処分する場合は「家財処分費」が支給されて、申請するには見積もりや申請書類が必要となります。

個室入院の場合

入院する場合、通常は病室に数人で使いますがお金に余裕がある人は個室入院する事があります。医療費以外にも別途でお金が掛かるため生活保護受給者は個室入院できません。個室に入りたくて親族に仕送りしてもらった場合は受給額を減額されることがあります。

保険

生命保険は死亡した時の場合や保険料が低い場合などで許可されていて、解約金が高額な場合は払い戻し金額が大きく資産となるため解約させられる場合があります。
入院して治療を受ける際に最新の医療だと保険適応外になる場合があるので注意しましょう。

最後に

生活保護受給者が入院した際に上記の知識を付けておくだけでも、損や大変な思いをしなくて済みます。生活保護の費用は何の理由でも受給できるというわけではなく、原因によっては受給してくれない場合もあります。
生活保護だけでも注意すべきところが4箇所あってそれぞれを自分に当てはめて、早く退院して健康的な生活をしましょう。

関連記事

  1. 生活保護賃貸では保証人がいる?いない場合の物件探し
  2. 生活保護で受給できる8つの公的扶助を紹介
  3. 生活保護が知っておくべきケースワーカーについての5つのこと
  4. 生活保護賃貸を借りる際にかかる初期費用について
  5. 生活保護賃貸の実情!突然働けなくなったらどうする?
  6. 生活保護は外国人でも受給が可能なのか?
  7. 生活保護を受給するための条件
  8. 生活保護賃貸に必要な6つの契約の流れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP