生活保護賃貸

生活保護を受給するための条件

生活保護は国民全員が貰えるわけではなく、ある特定の人だけが受給する事ができます。生活保護を申請するにあたっての条件はいくつかあって審査に通らなければいけません。また受給する場合は最低限の生活をしなければいけなく、贅沢な生活をする事ができません。今回はそんな生活保護を受給するための条件を紹介します。

病気などで働けない

病気に突然なってしまい働けなくなることがあります。生活環境によってうつ病になってしまったり癌になってしまったりと働ける状況ではない時は、当然給料も貰うことができません。

そのような場合は生活保護を受給する事ができて治療に専念することが可能です。また通院や診断が必要な場合も同様に医療費が支給されます。

保有資産がない

生活保護を申請する場合は、車や土地を手放さなければいけない場合があります。しかし場合によっては許可されて、自動車の場合では交通面が不便なところに住んでいる場合や病気で動けない場合などの時には許可される事があります。

土地に関しては住んでいる家がある場合は最低限の生活内に含まれているため費用を受給する事ができますが、いくつも土地を持っていると売買するなどして利用しなければいけません。

預貯金がない

市役所などは生活保護者の貯金残高を確認する事ができて蓄えがあると費用を受給する事ができません。また受給しているにも関わらずお金を貯めていた場合は今まで受給していた費用を返還しなければなりません。もし貯金をしたい場合はケースワーカーに相談して許可を取るようにしましょう。

親族などの身内が居ない

生活保護を受給する条件として、親族などの身内が居ないことです。もしも身内が居る場合で余裕のある生活をしているならその方に頼む必要があります。

年金が少ない

年金を受給している人は多く費用を貰っている方は受給することはできませんが、受給額が少なく最低限の生活ができない人は足りない分を受給する事ができます。

借金をしていない

生活保護の条件で借金していていないという情報を良く見かけますが、それは間違えで申請をする事ができます。しかし借金をしている場合は利息が月々増えていく一方なので自己破産などの手続きを勧められます。

最後に

生活保護の条件はいくつかありますが、最低限の生活ができていない場合は受給する事ができます。このような条件を考慮して自分が今、生活保護の対象になるのか把握してから申請に行くとスムーズに受給ができます。

関連記事

  1. 生活保護賃貸に必要な6つの契約の流れ
  2. 生活保護賃貸をスムーズに借りるための3つのコツ!
  3. 押さえておきたい『生活保護』申請方法の流れ
  4. 生活保護受給者は税金などが免除される!
  5. 生活保護は外国人でも受給が可能なのか?
  6. 生活保護賃貸では保証人がいる?いない場合の物件探し
  7. 生活保護賃貸を借りる際にかかる初期費用について
  8. 生活保護中に入院した場合の対処方法を教えます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP