生活保護賃貸

生活保護賃貸では保証人がいる?いない場合の物件探し

生活保護で賃貸物件を探す場合、不動産屋に行って内覧などをするのも基本的には自分で全て行う形になります。

「賃貸契約のときに保証人がいないけど借りられるだろうか」
「保証人を頼めるような人がいなくて困っている」
「保証人は絶対にいるのかな?」

と、保証人に関する不安を抱えている方も多いと思います。

今回は、生活保護で賃貸する場合の保証人の有無についてお伝えいたします。

生活保護賃貸で保証人は必要か?

生活保護で賃貸契約をする場合、保証人の有無・契約の可否は極端に言えば大家さん、不動産会社によるところが大きいです。

まずは不動産会社に生活保護を受けていることを伝え、物件を探します。(※不動産会社に足を運ぶときは予め生活保護であることを電話で伝え、紹介が可能か確認しておきましょう

この時点で、保証人なしでもOKの物件、生活保護でもOKの物件など、条件に合ったところを探してくれます。

生活保護で借りられる物件はそんなに多くはなく、地域とタイミングにもよりますが100件中5件あれば良い方だとも言われています。

とにかく根気強く、期間に余裕をもって探すようにしましょう。

保証人不要ではない物件は保証会社を通せばOKの場合も

生活保護を受けていて保証人がいない場合でも保証会社を通して賃貸契約ができます。

少し前であれば賃貸契約のときには保証人が重視されていましたが、働く世代、世の中の変化により、通常の賃貸であっても保証会社を通せばOKという場合が増えています。

援助してくれる人がいれば生活保護の対象にはならないので当然と言えば当然なのですが、そもそも生活保護を受給する人たちは、金銭的にまわりに頼れる人がいない場合が多いです。

そのため、賃貸契約の際には保証人がいなくても保証会社などを通して審査をしてもらうというケースも多いです。その際、保証会社の審査もあるので必ずしも通るとは言えない部分もありますが、お願いが可能か聞いてみるのもひとつの方法です。

中には、生活保護に対して寛容な物件も

大家さんによっては、「生活保護であれば住宅扶助が出るから」と、生活保護に対して寛容な方もいらっしゃいます。

自治体によりますが、家賃に関しては貸主に直接振り込みを行っている地域もあり、そういった場合は滞納・延滞の心配がないのでスムーズに契約ができる場合もあります。

とにかく不動産会社、ケースワーカーに相談を

生活保護賃貸の物件探しのときには、不動産会社に現状を伝え、何か困ったことがあればケースワーカーさんに相談をしましょう。

特に、不動産会社にお願いするときは生活保護賃貸に不慣れなところではなく、「同じような方と何度もお部屋探しをしていますよ」というところにお願いするのがベターです。

まずはいくつかの不動産会社に足を運んでみて、この人にお願いしたいという人をみつけるのが良い物件探しの秘訣です。

関連記事

  1. 【生活保護の賃貸】貸主側から見るメリット・デメリットを知っておこ…
  2. 押さえておきたい『生活保護』申請方法の流れ
  3. 生活保護を申請するにあたっての制限を教えます!
  4. 生活保護賃貸の実情!突然働けなくなったらどうする?
  5. 生活保護賃貸で家賃は支給されるのか?上限を超える場合は?
  6. 生活保護が知っておくべきケースワーカーについての5つのこと
  7. 生活保護賃貸を借りる際にかかる初期費用について
  8. 生活保護賃貸をスムーズに借りるための3つのコツ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP